『十割そばと冷酒(吟醸酒)』 そば処 響:大分県豊後高田市

公開日:  最終更新日:2017/01/26

Sponsored Links

とある旅行で大分県に行きまして、北九州へ帰る道中に

そば処”響”さんへ立寄りました。場所は豊後高田市、”昭和”が体感出来るところで有名なところでございます。

少し入組んだ場所にあってナビがないとわかりにくいと思われます。
そば処 響 外観

入口のアップ画像がこちら!古民家を改装したとても感じのいいおそば屋さんです。
そば処 響 外観

入ってすぐの内観がこちら!日曜日のお昼ギリ前、まだまだ席は空いてました。
そば処 響 内観

座敷の他カウンターもあります。これなら一人で来店する方もええですね。でも蕎麦屋で、ワイングラスが吊り下がった光景も気になります?が(苦笑)
そば処 響 内観

響のメニューがこちら。4人で来店しまし色んな雑念もありましたが、すべて十割そばを注文! 何故か?と言いますと、決め手は”十割そば”のみ”新そば”だったのです!!
そば処 響 メニュー

他には、このようなコースもありますが、わたくしたちロートル軍団には無縁のコースでした(爆)
そば処 響 メニュー

どっちかと言えばこちらの”ほろ酔いセット”の方がええと思いますが、ドライバーは飲めませんよね(笑)そして先程のワイングラスは、イベリコ豚や生ハムサラダをアテに飲まれるのでしょうな(笑)
そば処 響 メニュー

吟醸酒の冷酒でしたが、少し撮影した場所が悪かったのか(笑)イマイチの写真になりました。
そば処 響 冷酒

蕎麦の実を味噌で和えた付出しを酒の肴で、冷酒をいただきます!いや〜、正しく鬼平犯科帳の世界!!”池波先生”万歳(爆)

そば処 響 冷酒

Sponsored Links
そしてメインディッシュの十割そばが!キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! 新そばです(笑)

そば処 響 十割そば

こちらがアップ画像!そばの香りがたまらんです(笑)

どうやらこの地域、 ”達磨 雪花山房”の高橋名人が深く関わってるようで、まだ名人のそばは一度も食したことのないわたくし、興味津々であります!!

そば処 響 十割そば

一名ノンアルの方がおられたので、おにぎりセットをひとつ。これまたお弁当か??と思うくらいのセットでした。ちなみに卵は出汁巻きの卵焼きでした!
そば処 響 おにぎりセット

まずは何もつけずに、素のそばでいただきます。塩があればよかったのですが、蕎麦屋必修マイ塩をわすれてました(笑)十割そばを食すにあたっては、生ものですから即食べないといけないのでしょうが、撮影もありますのでそこはご愛嬌(苦笑)これなら冷酒の肴でグィっといけそうです!!
そば処 響 十割そば

次に出汁をつけていただきました。ちょっと物足りなさを感じる出汁でしたが、おそらくこれくらいの方が食後にはいいのでは??と思いました。絶品とは言えませんが、美味しくいただきました。
そば処 響 十割そば

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

PAGE TOP ↑